2012年3月31日 (土)

今日で・・・

長く続けたココログのブログステージ。

幼児期子育て卒業にともない、今日でおしまいに。

子どもたちと同様、私も成長しなければ・・・。

子どもたちに沢山のことを気付かせてもらえたことを記録したブログは

ずっとずっと私の宝物。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

ちびみんの袋物

どうにか縫い上がり。

P3283245P3283247

手提げ袋には肩掛け紐もつけてやりました。1年生、持って歩くというよりひこずって歩くので数カ月内にボロボロになりますので対策に。(東京の電車で通う1年生がこの袋を持っていて身軽そうだったのよね)

水筒袋はみんみんにも。

右写真は体操袋と体育館シューズ袋。

P3283248 もうすぐ5年のみんみんが、肩掛け手提げ袋にするとこんな感じ。紐は長く出来ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

車兄さん 入学準備

沢山準備することがあり、春休みで帰省中の1年先輩兄さんをお招きして買い物やら名前付けやら、二人で相談しながらマジメにやっております。

P3293250 持ち物は基本『グリーン』に決めた車兄さん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

春休み 家族でおでかけ③

芝生広場では、広~いのにまとまる四人。P3273230_3

P3273238P3273240

P3273135 短い時間でも集中して遊ぶ、我が家らしいおでかけスタイル。

家を出てから帰宅するまでちょうど6時間。

ちなみに夕食はこちらで

大好物のうどんを食べながら時間を気にするちびみん。どうしてそんなに時間を気にするの?「だって8時に寝なくちゃ」

すばらしい。すばらしすぎる。決めた時間に寝ること、これだけでも身についていたら小学生になっても大丈夫ね。

さ、家族の思い出を胸に春からの一歩をそれぞれ踏み出しましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 家族でおでかけ②

P3273063P3273066

娘二人と手をつなぐ夫さん、男同士何を語り合っているのか息子二人

P3273072P3273129

走り出す・・・よじ登る・・・そして再び跳ぶ シェー

P3273132P3273191

| コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 家族でおでかけ①

めったにない「6人揃う、かぞくのじかん」。今日は部活キリン兄さんが13時に帰ってきたら即お出かけ!

どこにいこうか?家族みんなが楽しめるところをネットで調べる。あっちこっち探しながら、最後に「ここだ!」さあ、行ってみよう。

家を出て1時間ちょっとで到着。

P3272941P3272942

なにがあるんだろう・・・

P3272943P3272947

凧をあげたがる昭和なわが子たち。順番じゃんけん、みんみんの勝ち。

P3272955 父さんもあげる

P3273000P3273003

巨大トランポリンで跳びまくりの娘二人

P3273036P3273040

あそびまくり~

P3273041P3273049

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

晴れた日の遊び

ポカポカ陽気の日は・・・

P3272919P3272920

仲良く砂山作りの車兄さんとちびみん。気付かれぬよう家の中から隠れて撮影

P3272924_2 そのころみんみんは「あやとり」に夢中。

P3272926_2

上から砂場現場を見ると・・・

トンネルがいくつもつながって。手が触れ合うとキャキャキャと喜ぶ二人。

P3272928P3272929

P3272935_2P3272938 今度はみんみんとあやとりで遊びだした車兄さん。6段ばしごをマスターして喜ぶもうすぐ中学生。

| コメント (0) | トラックバック (0)

SSC(袋を縫う会)

ちびみんの入学準備のため本日、袋を縫う会SSCを開催。

気がつけば子どもだらけ・・・4家庭、14人。

P3262907 P3262911 兄弟が多い子どもたち、ちょっとやそっとのことでは泣きません。食べるときの静寂な時間。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

車兄さん 遊びの会

卒業式も済んで、今日は朝から友達4人がやってきた。「チャーハンパーティ」とのこと。

悔いなく遊びなはれ。

P3252903P3252905

P3252906P3252904

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

先輩からの郵便

先輩からの郵便
ポストに車兄さん宛に入学する学校の先輩方から冊子が届いておりました。

習字で宛名書きされた封筒を開ける緊張の車兄さん。

次年度の高3の生徒さんが学校生活、寮生活に関することを細やかに編集した手書きの文章が和紙に印刷され、和綴じされた冊子。
先生から一方的に規律を指導されるより素直に12才の心に届く物で親にとっても有難い物です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«二人の卒業